読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Master of Life ~人生の達人を目指すブログ~

財テク、節約をしながらも、けっして貧乏くさくない豊かな生活を実現する。

マイホームを探し始める#2

先日の「マイホームを探し始める」の記事の続き

zaitechniq.hatenablog.com

 

まずは家を探すための条件設定をしました。

自分のわがままをより具体的な条件に落とし込んでみました。

 

その1_中古であること

 日本には新築信仰があること。

これが前々から疑問におもっていました。

自分の周囲でも家を建てた人はたくさんいるが、

中古で買った人はほとんどない。

 いろいろ調べてみると

欧米では中古住宅は一般的で、既存住宅流通シェアは

フランスで66.4%、アメリカで77.6%、そしてイギリスでは88.8%

それに対し日本は36.7%とのことでした。

(データはオウチーノより抜粋)

 ということで、中古は穴場なのではないか、

掘り出し物が眠っているのではないか?と思ったのです。

 

その2_築浅

 外壁やら水回りやらが傷んできて、

最初にリフォームが必要になる目安が15年といわれているので

できれば10年以内にしたい。

5年はリフォーム費用を貯めたいという思いがありました。

 

その3_大手ハウスメーカー(ローコスト除く)

 これは好みでしかありませんが、

大手ハウスメーカーへの憧れがありました。

一般的に、しっかりしている、高品質であるなどの

イメージがあります。ブランドを買うといったところでしょうか?

 

これらをまとめると、

「大手ハウスメーカーの築浅中古物件」

です。

 

 

大手ハウスメーカーは高いです。

それは、宣伝費、人件費、研究開発費などのスケールが大きいため

価格に大きく転嫁されます。

つまり以前書いた記事に書いた、工場見学ツアーで体験した

酒池肉林の経費も当然転嫁されています。

zaitechniq.hatenablog.com

いうなれば、某メーカーで家を建てた人たちが、

私にイチゴやフランクフルトをおごってくれている

ということなのです。

 

 どんなものでも新品から中古になった瞬間大きな値下がりが

あります。その正体は、まさにメーカーの利益や経費なのです。

ですので、「大手ハウスメーカーの築浅中古物件」は、

メーカーのマージンを除いた値段設定がされていることが

期待でき、つまり

高品質な家を限りなく新しい状態で割安にゲットできる

ということなります。

 

さて、目的が定まれば、あとは行動を起こすのみです。

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村